すきなものだけの簡素な暮らし

〜オリジナルミニマリストを目指して〜

マスク詐欺!?たかがマスク、されどマスク~?

今日から私も連休に入りました~


といっても、仕事に行かないだけで何の予定も無く変化もないのですけどね。


朝いつも通りの時間に目が覚めても、すぐに起きなくてイイのが嬉しいかなw


変化がないとは言いましたが、出費は増えてます。


引きこもりのために食材を多めに買ったり、家族が気晴らしに「アレ食べたいコレ食べたい」と焼き肉やらお高いジンギスカンやら何やらを食べたがるので、食費がかさむかさむ。


どこにも行けない分仕方ないのかもしれませんが、少しセーブしないとなと悩ましく思っています。


昨日は夕方にスマホの緊急警報が鳴り響いて驚きました!


知事からの『外出しないで‼︎』という呼びかけはとても良いと思います。


ただ、突然スマホから鳴り響くアラーム音に、数年前のJアラートを思い出し、『また北朝鮮からミサイル飛んで来たのか⁉︎』とドキッとなったのでした。

▼ コロナも怖いけどミサイルも怖い

www.bellbelona39.com




さて、出費といえばもう一つ。


マスク詐欺に遭いそうになりました。


いや、詐欺ではないのですよ…自分達のミスなのですが、誤って高いマスクを買ってしまい、その後返品したという話です。


先日、子供のモノで必要なモノが出来てしまい、「実物を見て買いたい」という夫と一緒にとあるお店へ行きました。


するとそこには、50枚入りの箱に入ったマスクやアルコール系の消毒薬が色々販売されていました。


マスクの棚の下には[お1人様1点限り]の表示があり、そのマスクの下にはマスクの写真と共に[2,000円]の表示が。


わが家の使い捨てマスクも枯渇してきていたし(洗って使ってるし手作りもあるので大丈夫ですが)義母や実家でもマスクを欲しがっていたので、私と夫で2箱分を買うことにしました。


カードで支払った際に、レジに表示されている金額があまりにも高い(合計1万円超え)だったので『エ⁉︎なんでナンデ⁇』と思いつつ精算を終え、レシートをよくよく見ると、マスクが1箱3,800円!2箱で7,600円‼︎それに+消費税なのでマスクだけで8,000円越え!!


そりゃ支払いも1万円超えるわ…と愕然して夫にレシートを見せると、夫も「エッ⁉︎」とビックリ。


(こちらは返品した後にもらったレシート。わが家にとっては1箱4,000円超のマスクはお高いw)


慌てて売り場に戻って値段を確認すると、やはりマスクの値段表示は貼られておらず、その下に貼ってあったのはマスクではなくマスクにシュッとかける除菌スプレーの金額でした。


1箱2,000円だと思ったから2箱も買ったのに、まさかの2箱で8千円超という金額にショックを受けたものの、自分達の見間違いだしもう買ってしまったからとドケチの私にしては珍しく諦めモードで店を出ました。


「店に戻る?」と言う夫に、「いいよ…仕方ないよ」と言ってその場を後にしました。


その後、スーパーに寄って必要な食材を買い物したのですが、家に帰る前に夫が『やっぱり店に戻ろう!返品しよう』と言い出しました。


買ったモノは車にのせていただけなので、当然未開封、お店が詰めてくれた袋すら開けていません。


こちらの金額確認ミスではありますが表示もわかりにくかったので、返品出来るかどうかだけお店に戻って言うことに。


結果、返品対応してくれたのでマスクは2箱とも返品したのでした。


マスクの金額がどこに表示されていたのか店員さんに確認したところ、マスクの箱には店の金額シールが貼られていてそこに表示されていました。


自分達の値札見間違いでの返品なので店員さんにお礼を言ったところ、店員さんも『わかりにくくてすみませんでした』と謝ってくれましたが、アレは確かに紛らわしかった〜


マスクの棚の下に2,000円と金額表示されたマスク写真のポスター(除菌スプレーの金額)が貼ってあり、そのせいかマスクの値段表示が無い(見えなかった)ので、てっきりマスクが2千円で売られているものと思い込んで買ってしまったのでした。
(今はもう値段の貼り方が直されているといいけど)


今回は夫の判断で店に戻り返品することができて本当に良かったです。最初から高額とわかっていて買うのと、間違って買ってしまったのとでは違うので


マスク、仕事の相方さんが『うちで余っていて使わないから』と子供用サイズの使い捨てマスクを結構な量頂いたばかり。


いい事もあればミスもあり、たかがマスク、されどマスクに振り回されてしまったのでした(ヽ´ω`)




ランキング参加中♪
ポチッと応援よろしくお願いします^ ^


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


リシュのROOM - 欲しい! に出会える。