すきなものだけの簡素な暮らし

〜オリジナルミニマリストを目指して〜

圧力鍋のパッキンを破損!ティファールの圧力鍋のパッキングを取り替えました

わが家では料理に圧力鍋をよく使用しています。


職場の同僚から結婚祝いに頂いたモノで、もう10年くらい使用しているティファールの圧力鍋です。


先日、圧力鍋で大根を煮て、それはとても美味しく出来たのですが、その後、痛恨のミスを犯しました。


なんと圧力鍋の蓋とパッキンを焦がしてしまったのです‼︎


どこかというと、ココ。


こんな風にパッキンのゴムが一部、溶けて固くなってしまいました。


蓋の方もプラスチックの部分が少し焦げました。


なんでそんな事になってしまったのかというと、別の鍋でお湯を沸かそうとした時に圧力鍋の蓋を乗っけてしまい、思いのほか火力が強くて、圧力鍋の蓋を焦がしてしまったというわけです(汗)


いやもう、馬鹿としか言いようがなく、己が情けなくなりますが、溶けて固まってしまったパッキンではもう圧力鍋を使えません。


圧力鍋を買い直すことも考えましたが、せっかくお祝いに貰ったモノ、鍋自体はまだまだ使えるのにそれはもったいないなと考え、パッキンを交換することにしました。


実は圧力鍋のパッキン、10年間使用してきて一度も交換したことがありません。


特に問題なく使用出来ていたのでずっと使っていましたが、本来は定期的に取り替えが必要なようです。
(使用頻度にもよりますが、1年に1度が交換の目安らしい)


わが家のティファールの蓋には型番が刻印されているので、合うパッキンをネットで調べて購入することにしました。




届いたパッキンです。


裏面に対応型番一覧が載っていました。


開けてみてビックリ。


パッキンがメチャメチャ柔らかいんです!


写真だとわかりにくいかとは思いますが、古いパッキンと新しいパッキンです。


新品はグニャっとしている感じで、こんな風に柔軟性があります。


古い方のパッキンは同じように捻ってもすぐにピンと戻ってしまいます。


こんなにパッキンが硬くなっていたんだーと驚きました。


10年前ってこんなに柔らかかったのか〜w


今回は、まさかの自分の不注意でパッキンをダメにしてしまいましたが、これを機に交換したことで、また長く圧力鍋を使っていけるようになり結果的には良かったです。


圧力鍋は素材を柔らかく煮込めるのはもちろん、時短にもなりますし、玄米も美味しく炊けるので重宝しています。

www.bellbelona39.com


もう、蓋とパッキンを焦がすようなことのないよう、気をつけて使っていきたいと思います(*ノω・*)



お読みいただきありがとうございました♡


ランキングに参加中♪応援お願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログランキング・にほんブログ村へ