すきなものだけの簡素な暮らし

〜オリジナルミニマリストを目指して〜

子供部屋、机の配置をシュミレーション

1年生と3年生になるわが家の子供達それぞれに学習机と椅子を購入しました。

www.bellbelona39.com
www.bellbelona39.com


最初はダイニングテーブルを利用したリビング学習をしていたのですが、色々と事情も変わり、個々に机を用意することになりました。

www.bellbelona39.com


現在机2台はリビングに置いてありますが、出来れば早々に2階の子供部屋に移動したいと考えています。


そこで、机を子供部屋に配置した場合のシュミレーションを行なってみることにしました。

シュミレーション(イメージ画つき)


机の配置方法は、それぞれのご家庭の間取りや考えで様々かとは思いますが、わが家の現状としては3パターンの方法で考えることに。

(以下、イメージ画が出てきますが縮尺比は適当ですw)


パターン①

1つ目の方法は、壁に机をつけて並べて置くスタイルです。


これが一番オーソドックスな置き方で、部屋の空間も有効に活用出来るかなと思います。

パターン②

2つ目の方法は、壁を背にして机を置くスタイルです。


人は背後に空間があると本能的に落ち着かないため勉強に集中しにくい、という話を大昔に聞いたことがあり、この様な配置を考えてみました。


昔の将軍や社長室などでも、壁を背に入口側を向いて座っていますよね〜(*´罒`*)


背後が壁だと後ろから襲われる心配もないですし、その心理を利用して子供達に勉強に集中してもらいたいという親心丸出しの配置ですw

パターン③

3つ目は、机を向かい合わせに置くスタイルです。


オフィスなんかでありがちな配置ですね。


机をリビングに置いている今も、スペースの都合上向かい合わせに机をくっ付けて置いています。

シュミレーションの結果、採用したのは…


3つのパターンで検討してみましたが、私としては2つ目の社長室風の配置が好み。


でも、部屋のスペースの生かし方が難しい配置ではありますσ(^_^;)


色々考えてはみましたが、オーソドックスに壁に付けて並べて置くのがイイかなという結論に達しました。


①のパターンに決定です。



ついに登場!無印良品のスタッキングシェルフ


次に、子供部屋に机を配置した際に教科書・ノート、問題集などをどこに置くかを考えました。


今はリビングの一角に置き場を設けていますが、机を子供部屋に移動するとなると勉強道具もそばにあった方が当然便利。


机の上には置けるほどの広さがないので収納が必要となりますが、デスクワゴンは買うつもりはなく、出来れば本棚などの大きな家具も増やしたくない。


ということで、あまり圧迫感がなく色々と便利に使える無印良品のスタッキングシェルフを置くことにしました。


(3月の無印良品週間の時に配送料無料キャンペーンを利用してテレビ台と一緒に購入しました)
www.bellbelona39.com


買ったのは3段×2列タイプで、このスタッキングシェルフを机と机の間に配置します。


〈画像引用 LOHACO商品ページ〉
【無印良品】 スタッキングシェルフセット・3段×2列・オーク材 幅82×奥行28.5×高さ121cm


置き方をどうするかも考えました。


縦型に置くパターン


横型に置くパターン


使い勝手を考えて、わが家は横型に置くパターンにすることにしました。


縦に置くと高くなるため天面の部分は子供だと手が届きにくいのですが、横に置くとその部分も有効に使うことが出来ます。


スタッキングシェルフを横型に置き、その両隣に机を配置することにしました。


スタッキングシェルフの真ん中の列に共通のモノ(図鑑や本、マンガなど)を収納し、両端の棚にそれぞれの勉強道具を収納する方法にしたいと思います。


横一列に並ぶので、部屋の空間としては一番スッキリ見えるパターンかなと思います。



スタッキングシェルフの中に教科書類を立てやすいように仕切りスタンドも買ってみました。


あとはデスクライトをそれぞれの机に付けてあげたいなと思っています。

さいごに


というわけで色々シュミレーションをした結果、子供部屋に机を移動する際はこの様な配置で行う予定でいます。


机の間にスタッキングシェルフを置くことで教科書類を取りやすくし、机間に程よい距離が出来てお互いに自分の勉強に集中できればいいなと思います(^-^)


はてさて、準備はしたものの、いったいいつ移動出来る日がくるのかな…σ(^_^;)


お読みいただきありがとうございました♡


ランキングに参加中♪応援お願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログランキング・にほんブログ村へ