すきなものだけの簡素な暮らし

〜オリジナルミニマリストを目指して〜

長年使わず放置されていても、モノとしての輝きは取り戻せるのかもね

わが家は、というか私自身がみそ汁が大好きなので、ご飯の時は必ずみそ汁を食べます。


そんなわが家のお椀…


こんな風にお椀の中の塗りが剥げて木が割れてしまっています。


そんなに安モノのお椀ではなかったと思うのですが、結婚当初からずっと使っているので劣化しちゃったのでしょうか(^^;;


割れ目に汚れが残ると不衛生だし、そろそろお椀を替えなきゃな〜と思っていました。


そんな時に義母宅の片付けで使われずにしまいこまれていたお椀が見つかり、夫が『ウチで使おう』と言い出しました。


エ〜〜‼︎とは思ったもののわが家のお椀が劣化していることもあり、とりあえず2種類のお椀を貰って帰ってきてどちらかをわが家で使うという事になりました。


かなりの年季で古ぼけた箱に入っていたのは未使用の本漆塗りのお椀で、義母曰くイイものらしい…


モノはいいのかもしれないけどなんか古くさいし、パッと見は木目のお椀のデザインの方がイイかなぁ。


試しに両方使ってみてから片方を使う事にしましたが、さて、どちらにしたと思いますか⁉︎




正解は、漆器(漆塗りのお椀)です^ ^


本漆塗りの艶やかな漆器のお椀は口当たりが滑らか!


お椀の側面や底部分はかなりの厚みがあるので味噌汁を入れて持っても熱くなくて良いです^ ^
↑夫にとってはそこが茶碗やお椀選びの重要なポイントらしいw


本漆塗りの塗膜は非常に強靭で、酸、アルカリ、塩分、アルコールにも強く、また耐水性、断熱性、防腐性、抗菌性も高く、年月が経つほどに硬くなり、使い込まれる事によってよりツヤのある風合いとなっていくそうです。


面倒なお手入れもなく食器用洗剤とスポンジで普通に洗える様なので、大事に扱いつつもガンガン使おうと思います(^-^)


古い漆塗りのお椀…最初に見た時の印象では「いらん〜」と思いましたが、使ってみると意外と気持ちが変わるものですね。


使われずに長年放置されていた漆器ですが、綺麗に洗って使ったらモノとしての輝きを取り戻した、とでもいうのでしょうか(^-^)


わが家の劣化していたお椀を入れ替えることが出来たので、今回の収穫は悪くなかったかも!と思ったのでした〜〜(笑)



応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ