喜んでもらえるかな?という想いをのせた贈り物。不要な物を手放した先に見えるモノとは...

今度の日曜日(5/14)は母の日ですね。



わが家では毎年、母の日には両家の母親にお花を贈っています。



その時の気分でアレンジだったり鉢植えだったり。



お花も好き好きはありますが、どちらの母親も花好きなので喜んでくれます(*^ω^*)



今年も例年通りお花を買ってプレゼントしようと思っていましたが、先週の日曜日に毎週恒例の義実家訪問(←日曜の夜は一緒に夕飯を食べてお風呂に入ってくる(^^;;)をした際に、義母がこんなことを言っていたんです。



『今履いているズボンはもう30年も昔の物で、その頃はよそ行き用にしていた物を今は太ったから自分でお腹を出して履いている。』
(↑義母は裁縫が出来る人なので、自分で服のサイズを詰めたり伸ばしたり出来ます。)


『もう1枚くらい履ける物があればいいんだけど、店に行ってもすぐ疲れるから買ってもこれん』




多分、義母としては何気なくグチのつもりで言ったのだと思いますが、それを聞いた私は、そうだ、だったら母の日にズボンをプレゼントしてあげよう!と思いました。



普段は、一応ミニマリストを志す者としてなるべく人にも消え物を贈るようにしており、ましてや洋服なんてその人の好みがある物に手を出すことはほぼないのですが、70代後半と高齢の義母にとっては、自分でなかなか買いに行けない服をプレゼントされた方が喜んでくれるのではないかと考えました。



そこで、義母がお風呂に入っている隙にこっそりメジャーでズボンのサイズを計り、色や形や素材などもチェックして似たような物を探すことに。



なんせその時点で母の日まで一週間しかなく、ネットなら種類もありそうですが間に合うかわからないし、試着はしないにしても生地やデザインなど手にとって見る方が安心なので近場のお店で探しました。
(ユニクロとかも一応見たのですが、デザインがさすがにムリっぽいのとサイズが小さすぎて駄目でした(^^;;)



例年、母の日の予算は1人5千円程なので、変に高級な物とか買うと逆に怒られる気がしたので(←そういうタイプの人...)いつもの予算通りで希望の物を探したのですがこれがまたなかなか見つからない!



一番はサイズが原因ですが(3Lなのでなかなか大きいサイズ自体がない)、その中でもまぁ、色・形・金額とだいたい良さそうな物を見つけたのでそれを購入しました。



少しだけ予算を下回ったので、ラッピングしてもらったこのズボンにカーネーションの小さな花束をつけてプレゼントしようかなーと思います(*^^*)



義母とはそれなりに色々あり、好きか嫌いかと聞かれれば......ですがww、ほんとはそこらへんのエピソードもチラッと語りたかったのですが、また長くなりそうなのでそれはまた別の機会にします(笑)



ただ、今は純粋にプレゼントすることが嬉しくて、喜んでくれるかな〜〜とワクワクしています(*^o^*)



今までは義理で贈っていた母の日のギフト(お花)ですが、こんな気持ちで人にプレゼントを贈れることがちょっと楽しいです。



いつもは財布の紐をなかなかほどきたくない私ですが、こういうお金の使い方が良し◎と思える様になったのもきっと、ミニマリストを目指して物や無駄なことに向き合う様になったからかもしれません。



不要な物をどんどん手放し、最後にそこに残ったモノは...“愛”だけだったら幸せですね(^ ^)





・・・なぁんてカッコいいこと書きましたが、最後に残るのはお金がいいですわ、私!(爆)



おまけ


昨日、主人が帰宅した時に小さな花束を2つ買ってきて…


子供たちから母の日のプレゼントとして贈呈された(*´▽`*)


長女の出産とともに私の母親歴も7年目…



ついに私もお花を贈られる立場になれたわけだ〜〜



夫よ、粋なサプライズだね〜✧



主人には、今回の義母へのプレゼントの一件(ズボンにしてみたこと)はまだ話していない。



でも、胸に抱いた思いやりの気持ちは巡り巡って自分にも返ってくるんだな〜と思った。



だけど、なぜ昨日⁉︎
(この記事の下書きを昨日してたから?(笑))



夫 『忘れない様に、思いついた時にやろうと思った』



だとさ〜〜ww(*´∀`*)



ま、いいけどね。ありがとう〜〜✧(*^^*)




今度の日曜日が、なんだか妙に楽しみです♡



❀いつも応援クリックありがとうございます❀
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村