すきなものだけの簡素な暮らし

〜オリジナルミニマリストを目指して〜

言った言葉は実現する!?専業主婦からパート主婦になりました

先日、記事の中で、『新たなことに挑戦するために一本踏み出した』と書きましたが、実は私、ついに仕事を始めました。


仕事といってもフルタイム勤務ではなく、時短のパート勤務です。


パートの仕事とはいえ責任のある仕事、きちんとやらねばなりません。


久々の就活や面接、新たな人間関係、早く仕事を覚えねばというプレッシャー、そして今まで通り毎日やらねばならない家事や育児(とブログw)


環境をガラリと変化させることは、私にとっては新たなチャレンジに相当する出来事だったのです。


私にとって、専業主婦というのは苦ではありませんでした。


家事や育児の中にちょっとした楽しみや工夫を見つけたり、3年前からはこのブログを始めたり、最近はドラクエウォークにハマってウォーキングをしまくったりと、のほほんと過ごしてきました。


でも頭の片隅にはずっと、働かねば!という気持ちはあったのです。


えぇ、それはもう、ひとえにお金のために(汗)


というのも、わが家の子供たちは割とたくさん習い事をやっており、現在は運動系2つ、文化系2つ、勉強系1つの5つの習い事を行っています。


姉妹で同じものをやっているのですが、この習い事の費用が結構な家計の出費となっているのです。
2人分だから尚更ね…


しかもこの先、中学、高校、そして大学進学などということになれば、塾代や学費などと出費する金額もどんどんと大きくなっていきますよね。


このままでは先行きが心配、私も働いて少しでも家計の足しにせねば…と、二女が小学校に入学してからは尚更考えていました。


でも、平日子供が下校した後は、ほぼ毎日習い事の送迎やその待ち時間で夕方の時間は費やされます。


働くとしても子供が学校から帰る時間までには仕事を終えて帰宅せねばならず、そうなるとなかなか自分にとって都合のいい仕事というのが見つかりませんでした。


そんな状態で先延ばしになっていたのです。(言い訳w)




働かねばと心の中では思いつつもなかなか条件に沿うものが見つからず、下の子が入学してから半年以上が経ちました。


ちょうどドラクエウォークがリリースされてウォーキングにハマり、朝、子供と夫がそれぞれ家を出た後、家事の僅かな合間を見つけてはスマホを持って外を歩いていました。


住宅街をウロウロ歩き、時々立ち止まってスマホを弄っている不審なアラフォー、自分自身を客観的に見て、『何をやっているだ私は』と思ったり思わなかったり(笑)


そんなある朝、実家にちょっと用事があったのでそのついでにドラクエウォークをしようと少し回り道をしながら道を歩いていると、自転車に乗ったママ友とばったり遭遇したのです。


ママ友は職場へ出勤する途中だったのですが、そんな中、私は朝からドラクエウォークのためにフラフラしているだなんてことは言えるハズもなく。


ちょこっと立ち話をしたその時に、ついポロッとママ友に、『私も仕事したいなと思って探してるんだけど夕方は習い事もあるからなかなか都合いいのがなくて。もし何かいい仕事あれば声かけてね〜!』と話していました。


私、人にはあまりこういう私的?なことは言わないのですが、その日は珍しく口に出して言ってしまったんですよね。


するとその日の夕方ママ友からLINEがきて、自分の勤務先で仕事の募集があってハローワークに求人が出ているよと教えてくれたのです。


ただ、その業務内容が送迎ドライバーだったため、車の運転の苦手な私にはちょっと厳しいものでした。


でもママ友からのLINEをきっかけにハローワークのインターネット求人を見たことで、ビビッとくる仕事を見つけることができたのです。


勤務時間帯が私の希望通りで勤務内容も面白そうだったのでこれは応募してみたい‼︎と思い、モタモタしていたら機会を逃すと思い、すぐにハローワークへ行きました。


ハローワークへ赴くのもかなり久しぶりでしたが、相談の対応をしてくれた窓口の方も良い方で、紹介状を出してもらい履歴書を書いて応募。


その後は、面接、採用連絡とトントンと話が進み、晴れてパート勤務となったのでした。


仕事の方は、まだ始めて間もないので色々と大変な部分はありますが、子供の帰宅には間に合う時間の勤務で、シフトも週3回くらいで休み希望の融通が利く点はありがたいです。


ただ、業務は1人でこなさねばならないので穴を空けることは許されないですし、手際の良さが必要だったり責任も重大なのでそういった面ではプレッシャーもあります。


でも、それはどんな仕事でも言えることだと思いますし、常に適度な緊張感をもって乗り越えていきたいなと思います。


あの朝、たまたまドラクエウォークをするためにフラフラ歩いていなければママ友と会うこともなかったし、その時に口に出して『仕事を探しているから声をかけて』と言っていなければ、その日にハローワークのインターネット求人を見ることもなかったと思います。


言葉にして発したことで、それが現実のものとなって引き寄せられたのでした。ママ友にも感謝です°˖✧


そんな偶然のご縁で就職した今の職場、まずは早く仕事を覚え、着実にこなせるように頑張っていきたいなと思います(^-^)


お読みいただきありがとうございました


ランキング参加中♪ポチッと応援お願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ


リシュのROOM - 欲しい! に出会える。