なんてリッチなかっぱえびせん!これは子供にはあげられない〜!?

昨日の記事への御礼


昨日の小1娘のクラスメイトの話には、様々なコメントを頂きありがとうございました(#^.^#)

www.bellbelona39.com

毎日トイレを借りに来るわけではないですし、下校中なので家に入っても軽くウロウロするだけ(せいぜい10〜15分?)なので、様子をみながら対応していこうと思います。


そして記事では分別がつくまでは家にお友達をあげないと言っておきながら、昨日は長女の友達を家で遊ばせてしまいました(^◇^;)


公園へ遊びに行った長女と二女が、少しして友達数名を連れて家へ帰ってきたのですが、長女に『友達にペットを見せるだけだから』と言われ、仕方ないなと家にあげたらそのまま…のパターンです(^^;;


昨日来た子はトイレの2人組とは別の友達で、長女が幼稚園から一緒だったお友達(とその弟)で割と親しい間柄だった事もあり、もう1人私は初めて見る子もいましたが、まぁ、イイやと遊ばせました。


2階の子供部屋は、とても人に見せられる様な状態じゃなかったんですけどね(^^;;

せっかく先日ワックスをかけてピカピカにしたのに、その後一瞬で散らかりました…
もう、ホントになにもかも断捨離してやるゾー(ーー;)


昨日、“子供の頃はよく友達の家で遊んだけど迷惑だったのかな”といったコメントも頂きましたが、そんな事はきっと無かったと思います!(^-^)


私自身もよく友達の家に遊びに行きましたし、おやつの時間は友達の家でちゃっかり一緒にご馳走になったり、やんちゃな事して友達の親御さんに迷惑かけたりもしました!(笑)


時代なんですかね〜〜⁉︎

もう30年以上も昔の私の子供時代は、野山や空き地を駆け回って探検したり、当たり前の様に友達の家に遊びに行ったりしていましたが…


今は親が共働きで不在な家庭も多いですし、幼い子を狙う不審者も多く、学校からも門限を決められていたり人気のない場所には決して行かない様にと通達があったりします。


長女の学校は個人情報の問題からか電話や住所を記載した連絡網なども一切ないので、親同士のコンタクト方法もありません。
ほぼママ友のいない私には致命傷…(笑)


子供保護の為とはいえ子供の行動は制限されていますし、なにかあっても困るので、わが家もなるべく公園で遊ばせるルールにしています。

今の子はおやつ一つ出すにしてもアレルギーの心配とかありますしね…


コメントでアドバイスされた子供に電話を掛けさせる方法ですが…よくよく考えると、スマホに慣れ親しんだわが家の子供は普通の電話をかけられない…(^^;;(←多分自宅の番号を知らない)


これは何かあった時の為に改善しておこうと思います!
そういえば私の時代は何かあったら家に電話をかけれる様に記名章の裏に10円玉を入れておく様になってました(^^)


私としても、家で遊ばせたくないわけではありませんが(どうせ既に子供部屋は散らかっているしw)、今は各家庭のルールもあると思うので低学年の内は難しいなというのが現況です(⌒-⌒; )

↑とか言っててたまり場になったりして(^◇^;)



本題のかっぱえびせん!


先日、またまた実家の母から通販で買った品のおすそわけで、凄いモノを頂きました。


なんと1個1,000円もするかっぱえびせん!(^◇^;)


かっぱえびせん 匠海



との事で、母が食べてみたくて買ったそうな(^^;;


ありえん〜〜と思いつつ、くれたので1箱貰ってきました(笑)


中身は1つずつ小包装されており、かっぱえびせんの見た目とは全然違いますがものすごい高級感はあります。


食べた感想としては…


うん、確かに美味しい!海老の風味も濃厚〜
だけどかっぱえびせんとは違うし、いわゆる“えびせん”だよね〜という感じ(笑)←一緒に食べた母もそう言っていたw


美味しいとは思いましたが、これはもったいなくて子供達には出せませ〜〜ん(笑)
高すぎてリピートもない⁉︎(^^;;




❀お読みいただきありがとうございました❀
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
✿ブログランキング参加中です。応援クリックをして頂けましたら嬉しいです✿


✿ 暮らしのヒントがいっぱい! ✿
〈にほんブログ村テーマ〉

✿ もっと心地いい暮らしがしたい!


✿ ステキに暮らす♪


✿ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


✿ 収納・片付け


✿ 断捨離でゆとり生活


✿ * ステキなインテリア&雑貨 *


✿ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


✿ 家事が楽しくなるモノ・工夫


✿ 自分らしく・・ナチュラルがある暮らし


✿ ミニマリストな生活 & シンプルライフ


✿ 日常の小さなできごとを愛する生活