子供の室内あそび場にて。色々と感じた子供のこと…

あそびのくに ピッピ ちとせ


先週、千歳市にある“あそびのくに ピッピ ちとせ”という子供の室内あそび場に行って来ました。


こちらは、ボーネルンドがプロデュースしており、赤ちゃん(6ヶ月)〜小学6年生までの子供を対象に、親子でのびのびと遊具やおもちゃで遊べる施設となっています。


こちらの施設の魅力は、その料金の安さ!
2時間の料金が子供も大人も一律350円。


過去に札幌近郊で行ったことのある子供の有料施設の中ではかなりリーズナブルです。


しかもたっぷり遊んで帰る際には、1人1本ずつミネラルウォーターのお土産まで貰えます(^^)

子供は動いて汗をかくのでありがたい!


120分入替クール制で、

第1クール……………10:15〜12:15
第2クール……………12:45〜14:45
第3クール……………15:15〜17:15
と時間が決まっており、各クールの間の30分間は毎回清掃が入ります。←凄く綺麗でした!
(途中からも入場可能ですが終了時間は上記の通り)


子供だけを預ける施設ではない為、保護者も同伴で入場しなければなりませんが、保護者1人につき子供3名までは入場出来るので、私と子供達で入場し、夫は車で寝ていました(^_^;)←途中、暑くなり建物の中をブラついていたみたいですw


休日などで混んでいる時は人数で入場制限もあるのですが、その日は天気が良く行楽に出かける方が多かったのか、予想外に空いていました(^-^)


おかげでこんな、無人状態の写真を撮影出来ました(笑)
実際はそれなりに子供はたくさん遊んでいました。隙を狙って写しましたw








施設にあったおもちゃで感じたこと


散々あちこち走り回って遊んでいた子供達ですが、後半は色々なおもちゃで遊び始めました。


そこで改めて感じたこと。


子供達がこの、見本の図形を見て同じに作るパズル風の積木のおもちゃで遊んでいたのですが、二女が作ったこの形、長女は出来なかったんです(^^;;

4歳の妹に出来て6歳の姉が出来ないとは…(´∀`; )


長女はカラダを動かすことは好きで運動神経も悪くはないのですが、とにかく集中力がない…σ(^_^;)


夏休みに入り、午前中は家で宿題や学習の時間を取っていますが、本当にすぐに飽きるし落ち着きもない。


一方、一緒に勉強している二女の方は割と黙々と集中してやっています。


このパズル風の遊びの時も、長女はすぐに『出来ない〜〜!もうやめたー』とイヤになり違う方へ行ったのですが、二女は淡々とパズルを完成させていました。


誰にでも、得手・不得手はあると思いますし、幼稚園の頃は遊び方や性格の違いもあまり気にしてはいませんでした。


でも、長女が学校に入学して“勉強”がスタートし、これからの長い長い学校生活を考えると、今きちんと勉強する習慣や集中力を身につけさせないと、後々苦労するのは本人(と親の私w)だなと痛感し、毎日、午前中は鬼と化して勉強させています(^◇^;)


たまにはこの様な、家とは違うあそびの場で、客観的に子供の様子を見るというのも大事だなと思いました。
同じきょうだいでも遊び方や集中の仕方などに違いがあるので、傾向と対策が練れます(^_^;)


こんな事して楽しそうに遊んでいる姿もまた、子供らしくて良いのですけどね(笑)

ボールプールに顔まで潜って手と足だけを出す人達ww


ちなみに、二女が黙々と色々なカタチを作って遊んでいたパズルの様な積木風のおもちゃ、調べてみるとこちらでした(^-^)


ボーネルンド
ポピュラープレイシングス ヘキサカス

イイな〜と思ったけど結構いいお値段! 複雑なカタチを組むなら2セット必要だしね…σ(^_^;)
↑出産・誕生日のお祝いとかに贈るのにはイイかも(^^)


雨や雪の日などは、この様なリーズナブルな一年中遊べる室内あそび施設があると本当に助かるので、また今度、ドライブがてら行きたいなと思います(^-^)



❀お読みいただき、ありがとうございました❀
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
✿お手数ですがランキング応援クリックをしていただけるととても嬉しいです(^ ^)✿


✿ 暮らしのヒントがいっぱい! ✿
〈にほんブログ村テーマ〉

✿ ステキに暮らす♪


✿ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


✿ 収納・片付け


✿ 断捨離でゆとり生活


✿ * ステキなインテリア&雑貨 *


✿ 主婦のつぶやき・・・(*'-'*)


✿ 家事が楽しくなるモノ・工夫


✿ 自分らしく・・ナチュラルがある暮らし


✿ ミニマリストな生活 & シンプルライフ


✿ 日常の小さなできごとを愛する生活



明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』