例えミニマリストでも…いつかは[入院セット]を

毎日、同じ日々の繰り返しの様な気がしていますが、何かが起きると、当たり前だった毎日が本当は幸福だったんだと思いますよね。


…と、なんか凄く意味深な出だしですが、結論からいうとそこまで深刻な意味合いではないのですが、義母が入院する事になりました。



昨日の朝の5時半頃、寝ていた夫に義母から、起き上がれないからすぐに来て欲しいと電話がきました。


どうやら今回は、こないだの牛糞買ってきてとかのレベルじゃない…(汗)


すぐに着替えて義母宅へ行った夫。
私はとりあえずいつも通りにブログを更新し朝食の支度をし洗濯機を回し…


子供達を送り出して、たまたま昨日は重要なPTAの仕事があった為、午前中は幼稚園に。


布団の周りに嘔吐していて更に全然起き上がる事の出来なかった義母は、パジャマのまま救急車でかかりつけの総合病院へ運ばれ、検査を受けて入院する事になりました。


結果的には、MRI検査などで脳と内臓に問題はなく、目眩がするという事から耳鼻科で検査もされたのですが異常はなく、ふらふらするという義母の為に医師がリハビリという名目で2日間の入院措置を取ってくれたそうで、2日後(月曜日)に退院の予定です。


主人は朝から義母に付添い、検査や説明、入院手続きなどがあり、結局昨日仕事は休む事に。


私も園が終わり次第、義母の家から荷物を持って病院へ向かいました。


義母の偉いところは、自分がいつこういう事になってもいいようにと、入院セットを準備しておいてくれている事。


以前も内臓の疾患で急遽、入院・手術をした事のある義母。
その時も突然の痛みから入院になったのですが、一人暮らしの自分がいつ倒れて入院してもいいようにと、押入れの中に入院セットを準備していてくれたので、私達はアレコレと必要な物を家の中で探さなくてもすみ助かりました。


余計な物は持たないミニマリストとは相反する考え方ではありますが、入院セットを準備しておいてもらえると、家族や周りの人は本当に助かります。


義母の場合は、黒い大きなチャック付きのナイロンバッグに、下着や着替え、ボックスティッシュやスリッパに洗面用具(コップ・歯ブラシ・石けん・洗面器)など、入院時にまず用意させられそうな一通りの物を詰めた物を、誰でもすぐわかるように[入院セット]と張り紙をして押入れの中に用意してくれています。


義母は高齢で一人暮らしだから準備がいる、といえばそうなのですが、いつかは自分も、例えそれが何十年後かはわかりませんが同じ立場になる時が訪れるかもしれません。


その時は家の中こそ掃除のしやすいスッキリした空間にし、無駄な持ち物を持たない様にミニマルにしつつ、他人に迷惑をかけない為にも[入院セット]だけは作ってクローゼットに置いておきたいなと思っています。


もし、側に入院セットを届けてくれる人が誰もいなかったら…
その時はその時ですね(笑)
救急隊員の方にでも伝えて一緒に運んでもらうか…(^^;;




今回の入院は、一応検査もしたしそこまで重症な状態ではないとは思いますが、義母も(そして私の母も)高齢者なので、いずれは介護問題などと向き合わねばならない日がくると思います。


双方の父を亡くし、その時も色々と大変でしたが、今後はどうなるのだろうかと少し考えてしまいました。


いつまでも二人の母には元気でいてもらいたいのですが…。




昨日の朝、義母が救急車で病院に運ばれた時、たまたま意識不明で運ばれた方とその家族、警察官もいたそうです。


残念ながら、その方は脳の出血で亡くなってしまい、亡くなられた方の両親らしき人と子供らしき人がいて、その場に居合わせた主人は居た堪れなかったそうです。



本当にいつ何が起こるかはわかりませんが、平穏に生きれることへの感謝は忘れない様にしたいと思います。


皆様にとって、今日も穏やかなよい一日でありますように…



✿いつも応援クリックありがとうございます✿
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村