読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[溶連菌感染〜我が家の場合〜]のその後 …完結編

先月、我が家は溶連菌に感染しました。


〈詳しくはコチラ〉
bellbelona39.hatenablog.com


簡単に説明すると、

・夫←感染(本人はかなり重症)
・私←もれなく移る(喉の痛みと発熱)
・二女←もれなく移る(症状ナシ・元気)
・長女←たまたま鼻風邪で抗生物質を飲んでいた為移らず。




そんな溶連菌感染で、最後の診察時に、自宅で検査をして下さいと、おしっこの検査キットを渡されていました。


〈この検査は、二女のみです〉




検査キットですが、しばらく自宅に保管していたのに使用前の写真を撮り忘れましたので、いきなりのafter写真となります。

(妊娠検査薬の様に、尿に浸して反応をみるもので、2+以上の反応が出た場合は、詳しく調べる為に採取した尿を容器に入れて病院へ持って行く必要があるとの事です。)



結論から言うと、血尿は出ていなかったので、やっと、全てが終わりました(^-^)



子供だけこの検査をしたのは、子供は、体調不良に自分で気付いたり症状を説明したり出来ないから、との事でした。



でも、主人の行った耳鼻科では、最初と最後に尿検査をされたそうなので、そこは、病院によるのかもしれません。

…私、やってないけど〜〜(^_^;)




無事に全てが終わって良かったですが、感染時は、抗生物質を10日間も飲まねばならず、さらに、飲みきった二週間後には血尿の検査まで有りと、なかなかの長丁場でした( ; ; )



特に二女は、本人には何も症状が出ていないにも関わらず、毎日、薬を飲まされ続けて、ナンノコッチャだったと思います(^_^;)



日々の健康管理は本当に大切ですね(*´꒳`*)
私も、専業主婦で、久しく健康診断を受けていないので、今年はやりたいなと思っています。




以上、完結のご報告でしたー(*´ー`*)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ