朝から白鳥を見て思う、夫婦とは…

今朝、横断歩道で信号待ちをしていた時に、『クウァェ』という、何とも表現し難い一声が聴こえ、空を見上げると、二羽の白鳥が私の頭上を悠々と飛んでいきました。



春が近づき、北に渡っていくのかな…。

二羽だから、夫婦かな…。



快晴の青空の中を真っ白な翼を広げて飛んでいく姿は本当に美しくて、見惚れていたら写真を取り損ねちゃいました(^-^;)



なので、また、イメージ画を描きます(笑)


ちょうど真下から見たので、飛行機みたいで綺麗でした。



たまたま、夫婦って何だろう…なんて考えていた時だったので、二羽の白鳥が夫婦に見えたのかもしれません(^_^;)



ちなみに、今朝、私がウォーキングの身支度をしている時に珍しく起きてきた主人。(平日は7時過ぎまで寝てます。会社が近いってイイね〜w)



「あれ、どこか行くの?」だとさ(^_^;)



私、ウォーキング再開する前の晩に、言いましたけど〜!
私のブログを読んで下さっている優しい方々もご存知ですけどー。
もう、一週間にもなるのに、こんなモンですよ、妻への関心なんてw(^^;;



世の奥様方、夫への内緒の秘め事をするなら、『早朝』がイイですよ〜〜(笑)



そんな主人との出がけの会話…

夫:「変質者に間違われるんじゃないよ〜」

私:「こんな可愛い変質者いないわw」

夫:「どこまでポジティブなんだか」


広告


夫婦に限らず人間関係において、私は、余計な事は言わない、他人の悪口は言わない、を心がけているので、主人の趣味にも口出ししませんし、多少イラッとしても基本文句は言いませんー。



私の事も、文句は言わずに好きにさせてくれるので、(本音では、きっと言いたい事山程あると思うけど…(^^;;)そこは感謝していますし、一応、毎日稼いできてくれるのでそこも有難いなとw



そんな私と主人は、年の差婚になるのかな?10歳以上年齢が離れています。(私はギリ30代、主人は50代です。)



単純計算で、お互い平均寿命まで生きた場合でも、歳の差と男女の平均寿命差で、私は、残りの余生を20年以上は独りで生きねばなりません。



生活するお金の面でも、自己の健康の面でも、そこを考えて自活出来る準備はしておかなければならないと思っています。



人間、持ちつ持たれつ、色々な人に助けられながら暮らしていると思っているので、周囲への感謝の気持ちも忘れず、自分のすべき事はきちんと出来る様になりたいです。



いずれは、独りになりますし、やっぱり、家族はもちろんですが、友人も大事ですね✧(←こんな私ですが、一応、少しは友達もいますw)



私は人見知りですが、人間自体は好きですし、人との会話も嫌いじゃないので、もっと、交友の輪を広げる事も大事だなーと、そんな事を朝から歩きながら考えていました。

良ければ、ブログでのお付き合いもよろしくお願い致します♡(*^^*)



ちなみに、白鳥を見た話を主人にしたところ…



「白鳥の飛んでる姿って綺麗だよなー。首が長くて翼が後ろ側に付いてて、アレってFA18によく似てるんだよね。戦闘機って、音速を超えて飛ぶから衝撃波で…うんたら…翼の位置は機体の…かんたら……」

趣味の一つの飛行機の話になり、長くなりそうだったので…、ここで終わります(笑)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ