【リフォーム】 〜お風呂編〜

昨年夏に、我が家の水廻りは全てリフォームしたのですが、今日はお風呂についてズボラ主婦目線にて紹介したいと思います。





お風呂は、TOTOのサザナです。



お風呂の細かい特徴については、メーカーのHP等に出ていると思いますので省きます!
あくまで、ミニマルを目指すズボラ目線の話なので…(笑)



とにかく、水廻りは、掃除がしやすい(ラク)な事を第一に考えておりました。




これが我が家のお風呂です。

※鏡はわざとにぼかし加工を施しています。撮影上どうしても写り込んでしまうので…(恥)




一見、何の変哲もありませんよね〜。




では、我が家のリフォームの場合です。
まず、最近の新しいユニットバスには必ず壁についている、カウンターを付けないでもらいました。



壁にそういう物がついていると、隙間や溝に水アカがつきますし、掃除も面倒です。それに、その分スペースが狭くなり邪魔なので最初から外してもらいました。



上記と同じ理由で、石けんやシャンプーを置く収納棚も付けないでもらいました。


タオル掛けや手摺りもありません。


鏡もいらないかなーと思いましたが、『髭剃る時困る!』と夫に却下されました。



カウンターが無くても、床に直接洗面器を置いて使用するので全く不便はありません。


水栓の位置も通常より少し下げて付けてくれましたので洗面器を床に置いても使いやすいです。




おかげでスーッキリ✧です。




シャンプーなどの洗面道具も、普段は洗面台の下に置いてあり、お風呂に入る時にそこから持って入り、出る時にはタオルで水気を拭いてすぐに洗面台下に戻す様にしているので、普段から浴室に置きっ放しにはしていません。



なので、入浴後の掃除の際には写真の通り、何も無い状態で壁も床も隅々までサッと洗え、ラクです。
細々した物は何も置いていないので、水分も残らずすっきり乾きます。


風呂イスと洗面器は、一緒に洗って浴槽の中に置いています。




狭いタイプの浴室なので、なるべくスッキリ、掃除もラクに、とこうしましたがとても満足です。
狭い浴室のメリットは、浴槽の水量が少なく済み、掃除する範囲も小さくて済みます(笑)



追いだきと、魔法びん浴槽・ほっカラリ床のおかげで北国でも暖かく入浴出来ています。



お風呂が暖かいと幸せですよね〜〜




浴室内こそ余計な物は、置かず・付けずにミニマルにする事をお勧めします☆
ラクですよ〜〜♪

広告


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ